機関誌づくりブログ  > 社内報の読者ターゲット


社内報の読者ターゲット

2010年10月13日 17:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

社内誌の総合サイト「Commu-Suppo(コミサポ)」を運営している
ナナ総合コミュニケーション研究から、定期的に
記事を提供していただいています。

今回は「社内報の読者ターゲット」についてお送りします。


“社内報の読者ターゲット”

社内報の読者ターゲットについて考える際、
重要なポイントとなるのは、
【全社員をターゲットとしない】
ということです。

単に「知ってもらう」、「理解してもらう」
という企画主旨なら、対象は全員となりますが、
「共感してもらう」、そして「行動してもらう」となると
一度に全社員をターゲット、というのは、そもそもムリ。

年齢、階層、業務、生活環境、雇用形態などなど、
それぞれ異なる社員全員に「グッとくる」企画は難しいハズです。

某中堅スーパーの社内報では、
社員よりもむしろ、店舗の主な戦力である
パート/アルバイト店員層をターゲットとしているようです。

社内報の目的が【社内の活性化】であるならば、
社内で【最も影響力のある階層】をターゲットとして考え、
そこに企画を集中投下していくことが大切。

全員に読んでもらおうとすると、総花的になり、
結局誰にも読まれないものになってしまう恐れがあります。

・今回のこの特集は、この読者層
・今回のこの連載企画は、この読者層

といった具合に、
企画ごとに明確にターゲットを定めていくほうが。
結果として読まれるものになるのではないでしょうか。



<< 前の記事 | 最初へ戻る | 次の記事 >>

トラックバック


このエントリーのトラックバックURL

http://dsp.kir.jp/mt/mt-tb.cgi/1653


このページのご意見・ご感想

ご自由に投稿してください。

投稿者 第一資料印刷株式会社 : 2005年02月01日 17:46

入力した内容は、このように表示されます。お気軽に投稿してください。



保存しますか?


<< 前の記事 | 最初へ戻る | 次の記事 >>
運営:第一資料印刷株式会社 Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会