機関誌づくりブログ  > 特色の2大巨頭


特色の2大巨頭

2010年09月14日 20:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

もう9月も折り返しにもかかわらず、
30℃を超える日々ってやっぱりちょっとヘンですね。

今年は気温統計を開始した1898年
(日本の総理大臣が伊藤博文や山縣有朋の時代です)
以来113年で最も暑い夏とのこと。
みなさんあと少しでこの酷暑も終わりのはず(?)です。
あと一息ですから一緒に頑張りましょう。

さて今回は色のお話、
色といっても「特色」と呼ばれるものについてです。

某携帯電話キャリアの大々的な宣伝の効果もあって、
またたく間に知名度があがった「PANTONE」。
元々はアメリカに本社を持つカラー印刷用のインキ会社の名称です。

日本では大日本インキ化学工業株式会社
(2008年4月1日、DIC株式会社に名称変更)の「DIC」が主流でしたが、
企業のグローバル化もあいまり、
PANTONEが使われることも多くなっているようです。

特色は様々な薬品の配合によりその色彩を変えているため、
当然両社の色が相容れることはありません。
PhotoShopのカラーライブラリーダイアログで
相互変換は簡単にできますが、
基本的には違うものと考えたほうがよいでしょう。

印刷会社への特色の指定は、
やはり日本では昔から主流だったこともあり、
DICで指定をするほうが無難だと思います。

特色はデザイナー要望、
または企業のCIなどで頻繁に使われますが、
微妙な色の違いが後の大きなミステイクに
つながる可能性もあります。

お願いしたデザインがPANTONE指定されていた場合、
「DICに置き換えた場合は?」と聞いておくことで、
後々の仕事を増やさない予防線となります。

みなさんご注意あれ。

【追伸】
「伊藤博文」と聞いて、「千円札」をイメージしてしまうのって
ちょっと古いんでしょうかね。



<< 前の記事 | 最初へ戻る | 次の記事 >>

トラックバック


このエントリーのトラックバックURL

http://dsp.kir.jp/mt/mt-tb.cgi/1642


このページのご意見・ご感想

ご自由に投稿してください。

投稿者 第一資料印刷株式会社 : 2005年02月01日 17:46

入力した内容は、このように表示されます。お気軽に投稿してください。



保存しますか?


<< 前の記事 | 最初へ戻る | 次の記事 >>
運営:第一資料印刷株式会社 Copyright (C) 2010 DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会